画像1

小学生の学習は、予習式・復習式どちらにも対応しています。また、中学受験にも対応したカリキュラムもあります!
英検・算検・数検にチャレンジ!楽しみながら向上心UP!

画像2

団体力が魅力な四倉教室と、団体力と個別を融合した平教室!
一人一人に寄り添うことを理念とし、毎年、たくさんの奇跡を見せてくれます!子供たちの1年は本当に大きな成長となります!

画像3

ママ★キッズカレッジ開校!
「子と親が共に成長できる場所」をコンセプトに、【教育の力で地域をつなぐ】そんな根っことなれるよう、2020年度より開講となります!











 

ぐるっとリンク

総合知育研究所・学習塾ドリーム(平・四倉教室)|地域密着型学習塾!
総合知育研究所・学習塾ドリーム(平・四倉教室)|地域密着型学習塾!
大人英会話 Dream English (ドリームイングリッシュ) |あなたの希望に合わせ、授業スタイルが選べます。
大人英会話 Dream English (ドリームイングリッシュ) |あなたの希望に合わせ、授業スタイルが選べます。

NEWS

2019.02.24

「この子はダメ‥」本当にそうなの?

何回言ってもダメ…

 

何回指導しても変わらない…

 

何回も話し合っているのに…

 

何回も注意しているのに…

 

「もうこの子はダメ…」

 

―――――――――――――――――――――――

 

そう「レッテル」を貼るのは

 

簡単です…

 

私は何度も

 

「変わる瞬間」

 

を見てきました…

 

徐々に良くなる・・・

いわゆるステップUP

 

う~ん‥

 

徐々にステップUPというより

 

「大ジャンプ式」

 

だからこそ

 

「言い続けることの大切さ」を感じています

 

 

大人ってちょっとずるいな~と思う瞬間…

 

今日は「許さないけれど」

 

忙しかったり

余裕がない…

 

そんな時は「許してしまう…見て見ぬふり」

 

あたかも「賛成」の振りをして

 

「反対」をする(説得している…)

 

こども達の前では〇〇なのに

 

他人がいると〇〇になる…

 

子供たちって不思議なもので

 

大人をに抜く力があります

 

特に…

 

「先生」

 

と名のつく人への洞察力は優れています

 

「従わなければならない人=先生」

 

このハードルは高い!

 

「きちんとしていても言われます」

「しっかりしていても言われます」

「真面目でも言われます」

「怖くてもいわれます」

 

よく言われないのが「先生」

 

でも、この先生は「いい!!!」と言われる先生もいます

 

違いは

 

ひとつ

 

「正直」で「真っ向勝負」

「一途な信念」

 

そして

 

「同士」

 

であることを貫く人

 

言い続けること

 

大変

 

でも

 

この

 

「根気」比べは

 

「いい言葉」を並べても子供たちには届きません

 

姿勢で示す

 

「あなたはできる!だから頑張ろう!」

といったなら

 

最後まで言い続けることです

 

「できると信じている」なら

 

「大丈夫自分の力を信じよう!」と言い続けるべきです

 

そのうち子供たちもそうなるように行動や発言が変わります

 

不思議…

 

でも分かっていることは

 

1つ

 

ゆるぎない

 

他者からの

 

「信頼」と「応援」

 

これは強い原動力になるということ

 

「そう言ってもどうせやらないんだから~」と

 

諦めたように怒ったり、叱ったりするのではなく

 

「私はこの前の言葉、信じてたよ!」

「今もね」

「だから悔しいよ」

 

「またここから!まだやれるからね!」

 

一緒に

思いを共有してほしいなぁと思います

 

――――――――――――――――――――――

伸びは大ジャンプ式!

 

成績の伸び率を見ていてもそう思います

 

着実に偏差値が2ずつ上がる…

 

というより

 

我慢して我慢して我慢して…

 

いきなり「大ジャンプ」の生徒さんが多いのです

 

平均で

「大ジャンプまで…3か月」

 

3か月の「本気の頑張り」

 

くじけそうになることも

 

嫌気がさしてくることも

 

でも

 

我慢して我慢して

 

「大ジャンプ」なのです

 

ちなみに

 

「1か月」で大ジャンプの生徒さんももちろんいます

 

でも…下がるのも速い…急降下‥

 

しっかり定着をした「大ジャンプ」にはやっぱり3か月

 

「石の上にも3年」

ということわざがありますが、

 

この「3」という区切り

 

学習においても「3」の区切りには「縁」を感じます。

 

――――――――――――――――――――――――――――

 

幼児~中学生までを指導させて頂いていると、

 

この「3歳・6歳・9歳・12歳・15歳」

 

この「3」の区切りの年齢は

 

大きく変わる「変化」の歳

 

であると

 

感じてなりません

 

 

‐―――――――――――――――――――――――

 

特に小学生の「9歳」中学生の「15歳」

 

この年齢に関しては

 

大きな分岐点だなぁとつくづく感じるのです

 

とっても話が長くなりそうなので…

 

この分岐点に関しては…

 

次回へ持ち越し…

 

「9歳」「15歳」に分けてお話いたします★

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「今」も「これからも」こども達の可能性を広げるお手伝いを「志事」として邁進していきます!

最後までご一読頂き、お出会いに心より感謝申し上げます★

 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっといわきは一切の責任を負いません